ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年01月29日 08時43分 公開

Robinhood、株価乱高下のGameStopやNokia株の取引制限も、批判受け再開へ

個人投資家向け株取引アプリRobinhoodが、乱高下するGameStopやBlackBerry、Nokiaなど一部の銘柄の取引を制限した。これらの銘柄は、redditに集う個人投資家による買い集中で株価が急騰した。

[ITmedia]

 株取引アプリの米Robinhoodは1月28日(現地時間)、「最近のボラティリティ(株価乱高下)を考慮し」、GameStop、Nokia、BlackBerry、AMCなどの銘柄の取引を制限したと発表した。

 roginhood

 その数時間後、「状況を監視しつつ、翌29日からこれらの銘柄の限定購入を許可する」と発表した。

 これらの銘柄に関しては、米redditの個人投資家が集まるsubreddit「/r/wallstreetbets/」で、買いを呼び掛ける投稿が集中し、それと連動して株価が乱高下していた。

 米ビデオゲーム小売りチェーンのGameStopの場合は、ヘッジファンドなどが空売りの対象としたことに怒ったGameStopを支援するユーザーたちが反撃した形だ。個人投資家たちはRobinhoodなどのアプリを使って株を購入したとみられる。

 gamestop gamestopの過去5日間の株価推移

 Robinhoodはこの動きを受けて取引制限を発表したが、これに対し、アレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員などがこの決定に疑問を呈した。「ヘッジファンドが自由に株取引できるのに、個人投資家の株購入をブロックするというRobinhoodの決定についてもっと知る必要がある」とコルテス氏はツイートした。


 Robinhoodは、規制したのは「投資家と市場を保護するため」だとし、規制緩和は「リスク管理の決定であり、マーケットメーカーの支持によるものではない」と説明。「われわれは個人投資家が自らの経済的未来を形成する自由を支持している」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.