ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年02月01日 13時38分 公開

「メルカリ寄付」、寄付先に慈善団体を追加 日本財団や日本ユニセフなど10団体

メルカリがフリマアプリ「メルカリ」でユーザーが得た売り上げ金の一部を自治体や企業に寄付できる「メルカリ寄付」の寄付先として、日本財団など10の慈善団体を追加したと発表。

[ITmedia]

 メルカリは2月1日、フリマアプリ「メルカリ」の売り上げ金を自治体や団体に寄付できる「メルカリ寄付」の寄付先に日本財団など10の慈善団体を追加したと発表した。これまで寄付先は自治体に限定されていた。

photo 「メルカリ寄付」

 寄付先に追加したのは、日本財団、あしなが育英会、日本ユニセフ協会、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、READYFORなど。

photo 新たな寄付先一覧

 メルカリによると、個人の寄付推計総額が7年間で約1.4倍に増加する(日本ファンドレイジング協会調査)など、寄付のニーズが高まっている。一方で、NPO団体など公益目的の団体はコロナ禍で活動の縮小を余儀なくされ、資金源となる事業収入や寄付金が減少。団体運営への支障が懸念されているという。

 メルカリは「お客さまの売上金の使い道に新たな選択肢を提供することで、『メルカリ』というマーケットプレースを通した、さらなる社会貢献の実現を目指す」としている。

 メルカリ寄付は2020年9月にリリースした機能。メルカリの売り上げ金を決済サービス「メルペイ」にチャージし、寄付先を選ぶ仕組み。神奈川県鎌倉市と愛知県瀬戸市に加え、21年1月からは三重県などを追加し、現在は計6自治体に寄付できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.