ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2021年02月17日 13時49分 公開

三菱UFJニコスかたる詐欺メールに注意 偽の会員サイトで個人情報を窃取

フィッシング対策協議会が、三菱UFJニコスをかたるフィッシングメールを確認したとして注意を呼びかけた。クレジットカードが第三者に不正利用されたなどと偽り、偽の会員サイトに誘導するという。

[雪城あさぎ,ITmedia]

 フィッシング対策協議会は2月17日、クレジットカード会社の三菱UFJニコス(東京都文京区)をかたるフィッシングメールを確認したとして注意を呼びかけた。本文では「クレジットカードのご利用状況について、第三者により不正利用された可能性が高い」などとして偽の会員サイトに誘導し、個人情報を窃取するという。

 メールの件名は「【重要】三菱UFJニコスカードから緊急のご連絡」など。本文には「カードのご利用を一部制限」「利用内容について至急確認したい」などと書かれ、偽サイトのURLへ誘導する。

photo 誘導先の偽サイト

 誘導先は三菱UFJニコスの会員サイト「NEWS+PLUS」に似た偽サイトで、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコード、氏名、電話番号などの入力が求められる。

 2月17日午前9時30分時点で偽サイトは停止済み。ただし、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、確認した際はフィッシング対策協議会の窓口に報告するよう呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.