ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年03月03日 13時55分 公開

Microsoft、自社製RPAツールを全Windows 10ユーザーに無償提供 マウスクリックやキーボード入力をGUIで自動化Microsoft Ignite 2021

米Microsoftが、RPAツール「Power Automate Desktop」の無償提供を、Windows10ユーザー向けに開始した。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月2日(現地時間)、RPAツール「Power Automate Desktop」の無償提供を、Windows10ユーザー向けに始めた。オンラインイベント「Microsoft Ignite 2021」で発表した。

photo UIのイメージ

 Power Automate Desktopは、マウスのクリックやキーボード入力などの動作を自動で実行させられるツール。動作の組み合わせは、GUIのメニューをドラッグ&ドロップなど、コードを書かずに設定できる。ユーザーがデスクトップや「Microsoft Excel」などのアプリケーション上で行った操作を記録して再現することも可能だ。

 Power Automate Desktopは専用サイトで配布中。開発中の機能を早期提供する「Windows Insider」のプレビュー版にも今後数週間以内に搭載する。

 Microsoftは2020年9月に、Power Automate Desktopのプレビュー版を一部のユーザーに公開していた。同社はMicrosoft Ignite 2021で、Excelの数式をベースにしたプログラミング言語「Microsoft Power Fx」も発表しており、ローコードツールの普及や拡充を進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.