ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年03月05日 09時28分 公開

Chromeブラウザの更新サイクルが6週間から4週間に短縮へ

Googleが、Chromeブラウザのリリースサイクルを従来の6週から4週に短縮する。9月に予定しているバージョン94から適用の予定だ。隔週セキュリティアップデートの導入でサイクル短縮が可能になったとしている。

[ITmedia]

 米Googleは3月4日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」のアップデートサイクルを現在の6週間から4週間に短縮すると発表した。9月リリース予定のバージョン94から適用する(現在のバージョンは89)。

 「Chromeのテストとリリースのプロセスを改善し、パッチギャップを改善するための隔週セキュリティアップデートを導入したことで、リリースサイクルが短縮できることが明らかになった」ためとしている。

 また、更新を管理する必要のある企業ユーザーなど向けには8週間ごとに更新する「Extended Stable」オプションを提供する。Extended Stableでもセキュリティアップデートは2週間ごとにリリースする。

 chrome リリースサイクルの説明図

 ChromebookのOS「Chrome OS」のリリースサイクルについては「複数の安定したリリースオプションもサポートする予定」とのみ説明した。

 Chromeブラウザの更新スケジュールは専用ページで確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.