ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年03月19日 20時21分 公開

実物大プラモデルのような郵便ポスト、静岡に登場

静岡市役所の敷地に設置した“実物大プラモデル”の形をした郵便ポストがお披露目。はがきなどの郵便物を実際に投函できる。

[ITmedia]

 静岡市は3月19日、“実物大プラモデル”を模した郵便ポストを公開した。ポストのパーツがランナー(枠)に付いた形状。郵便物は投函できる。

“実物大プラモデル”の形をした郵便ポスト

 日本郵政が協力し、市役所の敷地にあった郵便ポストをプラモデルを模したモニュメント「プラモニュメント」に変えた。

 市内にバンダイなど模型メーカーの工場があり、国内生産の80%以上を占める静岡市は、市内各所にプラモニュメントを設置して観光客などを誘致する考え。田辺信宏静岡市長は「静岡市を世界に発信をしていくシティプロモーションの大きな素材にしていきたい」としている。

 19日には他に「模型の世界首都 静岡」の文字がプラモになったモニュメントや、静岡市プラモデル化計画のPR看板も公開した。看板の絵柄はプラモデルの箱絵(ボックスアート)で知られるイラストレーター、島村英二さんが手掛けたという。どちらもJR静岡駅の南口ロータリーに設置した。

「模型の世界首都 静岡」の文字がプラモになったモニュメント。人型プレートの前に立つと自分がプラモデルの一部になったかのような写真が撮れる
プラモデルの箱絵(ボックスアート)で知られるイラストレーター、島村英二さんが絵柄を手掛けた「静岡市プラモデル化計画」のPR看板

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.