ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年03月16日 13時22分 公開

工業デザインの視点を取り入れたロボットアニメ、今秋公開 メカデザインにKEN OKUYAMA DESIGN

バンダイとサンライズがロボットアニメ「境界戦機」を制作発表。メインメカデザイナーに工業デザイナーの奥山清行氏が率いるKEN OKUYAMA DESIGNを起用した。

[ITmedia]

 バンダイは3月16日、メインメカデザイナーに工業デザイナーの奥山清行氏が率いるKEN OKUYAMA DESIGNを起用したオリジナルロボットアニメ「境界戦機」を秋に公開すると発表した。

ロボットアニメ「境界戦機」

 バンダイグループで大人向け商材を扱うBANDAI SPIRITSと、アニメ「キングスレイド」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント」などを手掛けたSUNRISE BEYONDがタッグを組んだ本格ロボットアニメ。劇中に登場する人型特殊機動兵器「AMAIM」に工業デザインの視点を取り入れ、「従来とは一線を画すリアルさと機能美が感じられる特徴的なメカデザイン」としている。

主人公が搭乗するAMAIM「ケンブ」の72分の1スケールプラモデル

 番組開始時期に合わせて発売する72分の1スケールプラモデルは、「ガンプラ」で知られる「HG」(ハイグレード)モデルとし、リアリティを突き詰めた可動域と従来のロボットアニメの機体にはない機構を再現した商品になるという。BANDAI SPIRITSはプラモデルの他、「ROBOT魂」ブランドの完成品フィギュアなどを順次商品化する。

 物語の舞台は2061年の日本。4つの世界主要経済圏に分割統治され、人型特殊機動兵器「AMAIM」が闊歩する最前線となっていた。パーツ集めが趣味で人付き合いが苦手な主人公・椎葉アモウは鬱々とした生活を送っていたが、自律思考型AI「ガイ」との出会いにより世界が変わる。自ら組み上げたAMAIM「ケンブ」に乗り、日本を取り戻すための戦いに身を投じる。

 KEN OKUYAMA DESIGNは、フェラーリのデザインなどで知られる工業デザイナーの奥山清行氏が代表を務めるデザイン会社。自動車や電車、電化製品など多くのデザインを手掛け、BANDAI SPIRITSともガンプラ40周年記念プラモデルなどで協業している。

主人公・椎葉アモウとAMAIM「ケンブ」(公式動画より)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.