ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年03月22日 13時01分 公開

KDDI、新料金「povo」のオプションをユーザーと共同開発 業務委託契約を検討、専用施設も用意

KDDIが、スマホ向け新料金プラン「povo」のオプションを、ユーザーと共同開発する「povo lab」を5月に始める。東京・虎ノ門の事業拠点に専用施設もオープン。ユーザーの意見をサービス開発につなげる狙い。

[吉川大貴,ITmedia]

 KDDIは3月22日、スマートフォン向け新料金プラン「povo」のオプションを、ユーザーと共同開発するプロジェクト「povo Lab」を5月に始めると発表した。プロジェクト発足に合わせ、東京・虎ノ門の事業拠点に会議などを行う専用施設もオープンする。ユーザーの意見をサービス開発につなげる狙い。

photo 専用施設のイメージ

 プロジェクトでは、オプションを開発する「povo Power User Program」とその検証を行う「povo Business Partner Program」という取り組みを実施。povo Power User Programでは、オプションの開発に向けた市場調査やアイデア出しをユーザーで共同で行う。

photo povo Labのイメージ

 povo Business Partner Programでは、ユーザーが出したアイデアの検証を、povoを共同開発したシンガポールの通信会社Circles Asiaなどと協力して行う。参加ユーザーの募集は4月をめどに始める。報酬の有無や、ユーザーと業務委託契約を結ぶかどうかは検討中という。

 povoは、月20GBのデータ容量を2480円(税別、以下同)で提供するプラン。3月23日に開始する予定で、ベースとなる通信プランに「通話かけ放題」(月額1500円)などのオプションを自由に加えられる「トッピング」というサービスを特徴としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.