ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年03月25日 08時38分 公開

有料版Slackに外部ユーザーとDMでやり取りし、チャンネルにも追加できる「Slackコネクト」

Slackの有料版で、社外の人をメールで招待し、Slack内でダイレクトメールでやり取りできるようになった。管理者が承認すれば、チャンネルに参加してもらうこともできる。

[ITmedia]

 米Slack Technologiesは3月24日(現地時間)、Slackを使っていない社外の人とDM(ダイレクトメッセージ)でやり取りし、さらにチャンネルに追加もできるようにする新機能「Slack Connect」(日本では「Slackコネクト」)を発表した。まずは有料版のみの機能になっている。

 connect 1 Slackコネクト

 これはオプトイン(初期設定では無効)の機能。管理者が有効にすると、サイドバーに「Slackコネクト」が追加される。これをクリック(タップ)して相手のメールアドレス宛に招待メールを送る。

 connect 2 外部の人をメールアドレスで招待する

 招待された人がこれを受け入れると、DMのリストに相手が自動的に表示され、チャンネル内の相手と同様にDMの送受信ができるようになる。

 社内の複数の人間が関わる相手の場合は、新チャンネルを作成して相手を参加させられる。ワークスペースの既存チャンネルに相手を招待することも可能だ。チャンネルに参加してもらうためには、管理者の承認が必要だ。

 この新機能は当初、招待メールの文面を自由に入力できるようになっていたが、いじめやスパムに悪用できるという指摘がメディアやSNS上で多数あり、定型文に変更された。


 招待された人が相手をブロックする機能も追加すべきだという指摘もあるが、本稿執筆現在、そうした機能はまだ追加されていない。

(本稿での操作手順は公式ブログによるもので、現行の説明とは異なります。)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.