ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年03月25日 12時12分 公開

Facebook、国外在住ウイグル人標的の中国ハッカーに対処したと報告

Facebookは、北米やトルコに住むウイグル人を標的とする「中国を拠点とした」ハッカーの攻撃に対処したと発表した。ウイグル人活動家などを装って悪意あるアプリやWebサイトへのリンクを投稿していたアカウントを削除した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは3月24日(現地時間)、「中国ハッカーに対処する」と題する公式ブログで、国外在住ウイグル人を標的とする中国ハッカーのグループやアカウントを削除したと報告した。

 これらのアカウントは活動家やジャーナリストを装い、Facebook上で悪意あるリンクをクリックさせ、クリックしたユーザーのスマートフォンに密かに監視アプリをインストールしていたという。

 標的となったのは、中国新疆ウイグル自治区出身で、北米やトルコ、オーストラリアなどに住んでいる約500人のウイグル人。

 手口は、イスラムの祈祷アプリや辞書アプリなど、ウイグル人が関心を持ちそうなアプリ(実はトロイの木馬)を開発し、Facebook上でウイグル人コミュニティのメンバーを装ったアカウントでそうしたアプリをダウンロードするよう勧めたり、ウイグルで人気のあるニュースサイトに似せたWebサイト(実はトロイの木馬)へのリンクを投稿したりするというもの。

 これらのアカウントは、セキュリティ研究者に「EarthEmpusa」、「Evil Eye」、「Poison Carp」として知られる中国のハッカーグループのものだと確認したとFacebookは説明した。

 「同業他社もこの攻撃行動を検出・停止できるようにするために、調査結果と脅威の指標を共有することにした」としている。

 facebook

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.