ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月06日 17時18分 公開

流出騒ぎのTrello、運営元が声明 「初期設定は『非公開』」「意図しない情報漏えいを止めるためサポート」

プロジェクト管理ツール「Trello」経由で個人情報を含むユーザーの書き込んだ情報が一部公開されていた問題で、運営会社の豪Atlassianが「ユーザーサポートに尽力する」と公式ブログで発表した。

[ITmedia]

 プロジェクト管理ツール「Trello」経由で個人情報を含むユーザーの書き込んだ情報が一部公開されていた問題で、運営会社の豪Atlassianは4月6日、「ユーザーサポートに尽力する」と公式ブログで発表した。

photo プロジェクト管理ツール「Trello」

 Atlassianは一連の騒動が「閲覧範囲を『公開』と設定していたことに起因」と説明。「初期設定ではボードの閲覧範囲は『非公開』になっており、ユーザーの任意で公開範囲を選択できる」とした。

 Atlassianによると、Trelloには意図せずに公開設定にならないよう、閲覧範囲の設定時にユーザーの意図を確認する仕組みが搭載されているという。同社は「意図しない情報の漏えいを止めるため、ユーザーのサポートに尽力する」とコメントしている。

photo 公式ブログでの声明

 Trelloを巡っては4月5日深夜から6日の朝にかけて、個人情報が流出しているとネット上で注目を集めていた。閲覧設定を「公開」としていたことが原因とみられ、Twitterでは就活生の個人情報や銀行の暗証番号とパスワード、企業の顧客情報などが流出していると指摘されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.