ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年04月27日 08時34分 公開

Apple、米国の「回復と再建」のため5年で4300億ドル超の投資 新キャンパスも

Appleが向こう5年間で4300億ドル(約46兆円)以上の投資を米国で行うと発表した。米国内で次世代シリコン開発や5G改革を加速する。ノースカロライナ州に10億ドルで新キャンパスも建設する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは4月26日(現地時間)、向こう5年間で4300億ドル(約46兆円)を超える投資を米国で行うと発表した。米国での次世代シリコン開発と5Gイノベーションを加速するために費やす他、2万人の雇用を創出し、ノースカロライナ州に新たなキャンパスを建設する。

 apple

 ティム・クックCEOは発表文で「(コロナ禍からの)回復と再建のこの時、Appleは米国のイノベーションと製造への取り組みを倍増させ、全米コミュニティに世代を超えて投資している」と語った。

 Appleは2018年に2万人の新規雇用創出を目指す3500億ドル規模の5カ年計画を発表しており、こちらは「順調に進んでいる」という。この計画の下、同社は現在、テキサス州オースティンに10億ドルを投じて新キャンパスを建設中で、来年開設の予定だ。

 austin 来年開設予定のオースティンキャンパス(画像:Apple)

 今回の計画には、10億ドル超を投じてのノースカロライナー州ローリー地域に新キャンパスとエンジニアリングハブの開設も含まれる。これにより、AI関連などの先端分野で少なくとも3000人の新たな雇用を創出するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.