ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月28日 20時47分 公開

Google Cloud FunctionsがPHPをサポート開始 サーバレスの関数が記述可能に

Google Cloud Platformにおけるサーバレスコンピューティング環境を提供するGoogle Cloud Functionsで、PHP言語のサポートがプレビューとして開始されることが発表された。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「Google Cloud FunctionsがPHPをサポート開始。PHPでサーバレスの関数が記述可能に」(2021年4月26日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 Google Cloud Platformにおけるサーバレスコンピューティング環境を提供するGoogle Cloud Functionsで、PHP言語のサポートがプレビューとして開始されることが発表されました。

 Cloud Functionsは、これまでNode.js/JavaScript、Python、Go、Java、.NET、Rubyなどのプログラミング言語に対応してきました。今回これにPHPが加わることになります。

 対応するPHPのバージョンはPHP 7.4。このPHP実行環境がマネージドサービスとして提供され、負荷に応じて自動的にスケールアウト、スケールインするため、ユーザーはランタイムのインストールやサーバのプロビジョニングなどについて気にする必要はありません。

 Googleはあわせて、オープンソースの「Functions Framework for PHP」も公開しています。これはPHP用のFaaS(Function as a Service)フレームワークです。

 これを用いることでポータブルなPHPの関数を記述でき、ローカル環境、Cloud Run、Cloud Run on GKE、Knative環境でも関数を実行できるようになるため、ローカル環境などで開発やテストを実行したうえでCloud Functionsの本番環境へデプロイする、といったことが可能になります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.