ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月20日 12時13分 公開

Google、「AppSheet Automation」正式リリース ノーコードで業務用bot、レシートの読み取りやメールの自動送信など

米Googleは、ノーコード開発ツールの「AppSheet Automation」を正式リリースした。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「Google、ノーコードで業務用ボットを作る「AppSheet Automation」正式リリース。請求書やレシートを受け取ると、内容を読み取り、承認者へメールなど自動化」(2021年4月14日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 米Googleは、ノーコード開発ツールの「AppSheet Automation」を正式リリースしました。

 Googleが提供するAppSheet製品群には「AppSheet」と「AppSheet Automatoin」の2つがあります。

 AppSheetは、Google SpredsheetやExcelのようなスプレッドシート、MySQLやSQL Server、Salesforceなどをデータソースとし、モバイルアプリケーションやWebアプリケーションなどを生成できるノーコード開発ツールです。

 今回正式リリースとなった「AppSheet Automation」は、botを用いて複数のタスクを自動化するためのノーコード開発ツールです。

photo

 例えば、請求書のスキャン画像を特定のフォルダに保存すると、それをトリガーにしてAppSheet Automationがその内容を読み取り、テキスト化して担当者に承認して支払うためのメールを送信する、といったbotの開発が簡単にできます。

 下記は、あるタスクの内容が変更されたことをトリガーに、そのタスクの内容をAppSheetが読み取り、優先度が2以上なら担当者に通知を、2以下ならメールを送信する、という処理をbotとして作成する、というものです。

photo

 AppSheet Automationは、このように何らかのイベントをトリガーとしてbot実行できます。イベントソースとしては、Google Sheets、Google Driveに加えて、Salesforce.comにも対応。

 ドキュメントの読み取り機能としては、一般的な請求書、レシート、W-9フォーム(米国の確定申告書)などに対応。

photo

 そしてGmailでは、承認フォーム付きのメールにも今後対応するとしています。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.