ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年04月30日 15時06分 公開

労働時間の常識を捨てて自由になる 「土日は休み」 ではない生活(1/2 ページ)

宮崎市在住の小寺信良さんは、テレワークの普及により変わりつつある労働スタイルについてこんなふうに感じている。

[小寺信良,ITmedia]

 今みなさんの周りを見渡してみると、土日でも開いている店舗は結構あるんじゃないだろうか。コンビニやドラッグストア、ショッピングモールはもともと365日営業だし、スーパーやデパートも休みなしで営業するところは多い。

 これは土日休みの人、あるいは学生など、利用する側にとっては非常に便利なシステムだ。しかしそのシステムを動かす側は、土日が休みではないということでもある。

 妻がイオンモールの某店舗にパートとして働くことになったのだが、土日どちらか出勤できるかが採用の決め手になるようだった。子どもがいれば学校は土日休みだが、それは保護者も土日が休みであることが前提になっている。だがサービス業が多い当地においては、正社員でも土日のどちらかが出勤という人は少なくない。

 それが主婦のパートとなると、大抵は土日どちらか出勤を求められる。もちろん強制はできないので、土日に出られないのであれば採用は見送る、というわけだ。企業としては社員を土日に休ませたいので、土日を埋めてくれる社員外のスタッフが欲しいのである。

 逆に土日出勤すれば時給が上がるので、稼ぎたい大学生などは積極的に土日のシフトを埋める。とはいえ20歳そこそこの学生だけで店舗を回すわけにもいかないので、やはりそこは年齢のバランスなどがあるようだ。

 そんなわけで妻は、日曜日が休みではなくなった。もちろんそのかわり、平日に休みが来る。日曜日の食事の支度などの家事は筆者ができるので、子どもたちが困ることはない。そもそも中学生にもなれば土日どちらかは部活動で家にいない。朝とお昼の用意がいるだけで、もう休日は子どもたちを連れてどこかへ遊びに、という感じではなくなっている。

この記事について

この記事は、毎週月曜日に配信されているメールマガジン『小寺・西田の「マンデーランチビュッフェ」』から、一部を転載したものです。今回の記事は2021年4月26日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額660円・税込)の申し込みはこちらから。さらにコンテンツを追加したnote版『小寺・西田のコラムビュッフェ』(月額980円・税込)もスタート。

土日は休まなければならない、という思い込み

 土日を休みにするかどうかは、習慣的なものが大きいと思う。筆者が畑を借りて野菜など作っていることは何度かご紹介したが、同じ畑を借りている皆さんを見ていると、その違いがよく分かる。公務員やサラリーマンをリタイアした人は、土日に畑で会ったことがない。台風などの事件がないかぎり、土日は徹底して休む。一方、現役農家のオーナーや、かつて農家でリタイアしたおばあちゃんなどは、土日関係なく畑にいる。

photo 「コデラ家のハタケ」Vlog
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.