ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年05月25日 17時37分 公開

閉鎖空間に“天窓”再現 青空に雲が流れ……パナソニック「天窓Vision」発売

天井に取り付けることで“天窓”のような明るい空間を演出できる照明「天窓Vision」がパナソニックから。雲が流れる空や揺れる木々、おぼろ月など、時間帯や季節に合わせたコンテンツを投影できる。

[ITmedia]

 パナソニックは、天井に取り付けることで“天窓”のような明るい空間を演出できる照明「天窓Vision」を開発した。雲が流れる空や揺れる木々、おぼろ月など、時間帯や季節に合わせたコンテンツを投影できる。6月に発売する。

画像
画像
画像

 2019年に開発し、限定販売していた「天窓照明」を改良した製品。

 天窓照明は、天井裏に埋め込むアクリル製拡散板・LED光源と、バックヤードに設置するメディアプレーヤーなどの映像再生機で構成した製品で、実際の窓のような奥行き感や雲の立体感、窓から入る外光のような明るさを再現できるという。

 新製品は、発光面積を「天窓照明」の約2.4倍に拡大した約1.1メートル角の大型タイプを展開。最大3台まで連結できるようにし、よりダイナミックで解放感のある空間演出を可能にした。

 高さも約30%削減した他、小型タイプも展開して設置場所の自由度を向上。解像度を高めたことで、「桜」や「冬景色」などの新たな映像コンテンツを追加できるようになった。

 天窓Visionの空間演出に合わせ、照明や音響などの機器を連動できる制御ユニットも夏ごろに発売する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.