ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年05月27日 15時08分 公開

「ドラクエ3」リメイク決定 順番を3→1→2にして「驚き」を

1988年に社会現象となった「ドラクエ3」のリメイクが決定。ドラクエの生みの親として知られる堀井雄二さんは続けて1と2も作りたいと話す。

[ITmedia]

 スクウェア・エニックスは5月27日、YouTubeで配信した「ドラゴンクエスト35周年特番」で1988年に社会現象となった「ドラゴンクエストIII」をリメイクすると発表した。ドット絵をアレンジした新しいグラフィック手法を採用する。

ファミコン時代を思わせるタイトルロゴ
フィールド画面
バトル画面

 スクウェア・エニックスが「HD-2D」と呼ぶグラフィックの手法でリメイクする。昔ながらのドット絵に現在の3D CGで使用する画面効果を加えた「ドット絵の進化形」で、2018年発売のRPG「OCTOPATH TRAVELER」などで採用した。幻想的ながら愛嬌のあるキャラクターが特長だ。

 ドラクエシリーズの生みの親である堀井雄二さんは、ドラクエ3のリメイクを決めた理由を「一番思い入れがあるから」と話す。さらに「続きが作れたらドラクエ1と2も。2で意外な展開を作りたい」という。

 ドラクエ3は「ロト3部作」と呼ばれるドラクエ初期シリーズの完結編。ドラクエ1や2に名前が登場した伝説の勇者「ロト」の秘密を描き、堀井さんの言う順番にすると時系列に沿った形に。「この順番で驚きを演出したい」という。

 発売時期は「まだ先」だが、海外でも同時に発売するとしている。

 「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」は、1988年2月にエニックス(現在のスクウェア・エニックス)が発売したファミコン用ゲームソフト。販売本数は380万本。発売時には販売店の前に数kmも続く行列ができるほど社会現象となった。その後スーパーファミコン版やゲームボーイ版、スマートフォン版なども登場した。

 特番では他にシリーズ12作目となる「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」を始め、新規スピンアウト作品「ドラコンクエスト トレジャーズ」など開発中の6タイトルを紹介した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.