ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年05月31日 11時51分 公開

M1 iPad Proでアプリが使用可能な最大メモリは5GB

8GBまたは16GBの大容量メモリを持つM1搭載iPad Proだが、アプリで使えるメモリには制限があり、それを超えるとクラッシュする。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 iPhoneHacksが、M1チップを搭載した新型iPad Pro「iPad Pro 11-inch (3rd generation) 」と「iPad Pro 12.9-inch (5th generation) 」は、128GB、256GB、512GBモデルはメインメモリ8GB、1TB、2TBモデルはメインメモリ16GB仕様となったが、アプリが使用可能な最大メモリは5GBまでで、それ以上使用するとアプリがクラッシュすると紹介している

photo iPad Pro 12.9-inch (5th generation) のクラッシュ画面
photo iPad Pro 12.9-inch (5th generation)

 実際に、iPad Pro 12.9-inch (5th generation) / M1 / 16GBモデルで、メモリテストアプリを使用して検証したところ「5076MB」でクラッシュすることを確認した。

 iPad Pro 11-inch (1st generation) / A12X Bionic / 4GBでは最大2.8GBまで、iPad Pro 11-inch (2nd generation) / A12Z Bionic / 6GBでは最大4.5GBまで使用可能だったので増えてはいるのだが、8GBでも16GBでも使用可能な最大メモリ容量に違いはないようだ。

 Macの場合は仮想メモリが使用可能なので、メモリを最大限活用できるが、iOS、iPadOSには仮想メモリが使用できないため、こうした制限があると考えられる。

協力:江東支部

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.