ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年06月03日 18時45分 公開

楽天モバイル、180日間利用のない回線は予告後に停止する可能性 7月1日に規約変更

楽天モバイルが、通信サービスの利用規約を7月1日に変更し、連続して180日間利用のない携帯回線をユーザーに通知した上で停止可能にすると発表。携帯料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の1回線目が対象になる。

[ITmedia]

 楽天モバイルは6月1日、通信サービスの利用規約を7月1日に変更し、連続して180日間利用のない携帯回線をユーザーに通知した上で停止可能にすると発表した。携帯料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の1回線目が対象。

 Rakuten UN-LIMIT VIは4月に提供を開始。料金は段階制で、1回線目の場合は月間の使用データ容量が1GBまでは0円、1〜3GBまでは980円、3〜20GBまでは1980円、20GB以上では2980円。2回線目以降は0GB〜3GBまでが980円(いずれも税別)になる。

 1回線目の場合、データ使用量が1GB未満であれば料金が発生しないため、ユーザーは契約を結んで放置するといった使い方ができる。一方、こういった使い方でも回線を管理するコストなどは発生するため、楽天の三木谷浩史社長は2021年度第1四半期の決算説明会で「(回線を使わない人は)どこかの段階でやめてもらうことになる」としていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.