ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年06月08日 05時12分 公開

macOS次バージョンは「Monterey」(モントレー) iPadとのカーソル移動が簡単に WWDC21、ARグラスなどハードウェア発表はなし

思わずピザが食べたくなるmacOS新バージョンが登場した。

[松尾公也,ITmedia]

 米Appleは6月8日(日本時間)、世界開発者会議「WWDC21」の基調講演で自社製品の次期OSを発表した。macOS 11 Big Surの後継版「Monterey」(モントレー)、iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8などのパブリックβ版は7月に登場予定。一部で期待されていたARグラス、M1後継プロセッサ、ディスクリートGPUへの対応など、ハードウェア方面の発表は行われなかった。

photo macOS Monterery

 iPhone用OSであるiOSは「iOS 15」にメジャーアップデートされた。Apple製品同士、特にiPhoneでのビデオ通話であるFaceTimeが大幅にアップデートし、空間オーディオ、機械学習によるリアルタイムノイズ除去、背景をぼかすポートレートモードなどをサポート。さらにWebブラウザ版を提供することでAndroidやWindowsにも対応する。

photo iOS 15

 音楽や映画、テレビ番組などを複数人が同時に視聴体験できるSharePlay APIを提供。Appleのサービス以外にもDisney+、Hulu、HBOMAX、TikTok、Twitchなどが対応する。

 エッジでの機械学習処理により、撮影した写真に含まれるテキストの検索やコピーが可能になり、カメラに写っているテキストをライブで認識することもできるようになる。

photo iPadOS 15

 iPadでmacOSアプリが動くようになるとの予想もあったiPadOSは、マルチタスキング機能とウィジェットが改良されるにとどまったが、Side CarによるMacとの連載をさらに推し進め、ポインティングデバイスをMac、iPadとシームレスに連携させ、カーソル移動やドラッグ&ドロップを可能にする「Universal Control」がサポートされる。

 今回の発表で一番大きな衝撃となったのは、Swiftのコードを学ぶ「Swift Playground」が、SwiftUIを使って実際にアプリを作れるようになったということだろう。かつてHyperCardがMacをアプリ開発者の入門的存在となったように、iPadとSwift Playgroundの組み合わせが最も身近なプログラミング環境となるのかもしれない。

photo Swift UI

 2020年のWWDCで発表された、macOS 11 Big Surの後継は、カリフォルニア州の漁港から「Monterery」と名付けられた。日本では「モントレー・ジャズ・フェスティバル」や、ピザーラの「モントレー」など馴染みの深い地名だ。MacをAirPlayに対応させ、例えばiPhoneのアプリからiMac 24インチで映像とサウンドを再生することも可能になった。

 AppleはクラウドストレージサービスのiCloudを強化した「iCloud+」の投入を発表した。メールを非公開のままランダムアドレスが作れ、サービスごとにいわゆる「捨て垢」として利用できる。HomeKitなどで使う動画ストレージをiCloudのストレージにはカウントしないという方針も打ち出した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.