ITmedia NEWS > セキュリティ >
速報
» 2021年06月11日 07時21分 公開

EA、サイバー攻撃で「FIFA 21」やゲームエンジンのソースコード780GBを盗まれる

ゲーム大手のElectronic Arts(EA)は、人気ゲームのソースコードやゲーム作成ツール780GB分を盗まれたことを明らかにした。犯人は「FIFA 21」のソースコードやゲーム制作エンジンなどをフォーラムで販売すると報じられた。個人情報は盗まれていない。

[ITmedia]

 米ゲーム大手のElectronic Arts(EA)にハッカーが侵入し、人気ゲームのソースコードやゲーム作成ツール780GB分を盗んだと、米VICEが6月10日(現地時間)、あるハッキングフォーラムへの投稿を基に報じ、EAもこれを認めた。

 ea EAの公式Webサイト

 盗まれたのは「FIFA 21」のソースコードとそのマッチメイキングサーバのコード、「バトルフィールド」など多数のEAのゲームのエンジンとして採用されている「Frostbite」のソースコードとツールなど。盗んだハッカーはフォーラムの投稿で、データを売りに出すと言っているという。

 ea 2 Frostbiteで作成されたゲーム(一部)

 EAはVICEに対し「限られた量のゲームのソースコードと関連ツールが盗まれたネットワークへの侵入事件を調査中だ」という声明を送った。法執行機関にも連絡済み。EAによると、プレイヤーの個人データは流出していないという。事件後、既にセキュリティを改善しており、ビジネスへの影響はないとしている。

 この事件は、ここのところ多発している身代金目当てのサイバー攻撃ではなく、犯人は盗んだデータを販売するのが目的のようだ。

 2月には人気ゲーム「サイバーパンク」の開発元CD Projekt Redが攻撃を受けてゲームのソースコードを盗まれ、オンラインオークションにかけられた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.