ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年06月24日 08時35分 公開

Amazonプライムデー、日本で最も売れたのは?

Amazonがプライム会員向けに毎年開催する特別セール「プライムデー」。今年世界で最も売れたのは「FireTV Stick 4K」。Amazon製品以外ではiRobotの「Roomba 692」などがよく売れた。日本では飲料や洗剤が好調だった。

[ITmedia]

 米Amazon.comは6月24日(現地時間)、21日と22日の2日間開催した「プライムデー」のまとめを発表した。例年通り具体的な数値は開示しないが、サードパーティの小売店の収益は昨年のプライムデーの2倍だったとしている。

 prime 1

 「Amazonのサードパーティ販売者にとってこれまでで最大の2日間だった」とはしているものの、Amazon全体としては「過去最高」とは謳っていない。同社は例えば昨年のホリデーシーズンの結果発表の際は、「当社史上最大のホリデーショッピングシーズンになった」と発表している。今回の発表文では「プライム会員は世界中で2億5000万点以上のアイテムを購入し、これまでのどのプライムデーよりも多く節約した」としている。

 世界レベルで最もよく売れたものとして、Alexa Voice Remote搭載の「FireTV Stick 4K」を挙げた。また、タブレットのAmazon Fireシリーズが数十万台売れた。

 prime 「FireTV Stick 4K」は43%オフだった

 最も売れた製品に含まれるものとして、米iRobotの掃除機「Roomba 692」、米Keurigのコーヒーメーカー「K-Slim」、米Goli Nutritionの「アップルサイダービネガー グミビタミン」、米P&Gの歯磨き剤「Crest 3D White Professional Effects Whitestrips」を挙げた。ノートPCとヘッドフォンが100万台売れたという。

 日本では、コカ・コーラの「やかんの麦茶」、カナダドライブランドの 「ICY SPARK」、P&Gの「除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 詰め替え ジャンボ 1330mL」が「Amazonデバイス以外で最も売れた製品の幾つか」として挙げられている。

 yakan 「やかんの麦茶」

 米CNBCが紹介した米Adobe Analyticsの調査結果によると、プライムデーの48時間の米国での総売上高は110億ドル。Adobeは昨年のプライムデーは104億ドルと推定している。昨年のサイバーマンデーの24時間(109億ドル)よりもわずかに多かったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.