ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年06月29日 11時09分 公開

高さ50mの大観覧車に“牢屋”ゴンドラ 富士急ハイランド

富士急ハイランドは高さ50mの大観覧車に牢屋型のゴンドラ2基を導入する。吹きさらしの檻の中で約11分間、スリルと周囲の嘲笑を耐えなければならない。

[ITmedia]

 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は、高さ50mの大観覧車「シャイニング・フラワー」に牢屋型のゴンドラ2基を7月21日に導入すると発表した。料金は800円(フリーパス利用可)。

画像はイメージ

 6面全てを檻状のステンレス網にしたゴンドラ。収監された人(乗客)は吹きさらしの檻の中で約11分間、すき間から遥か下の地面が見えるスリルと周囲の嘲笑を耐えなければならない。

 定員は2人。目の前の雄大な富士山に罪を懺悔(ざんげ)できるよう、横並びの2人掛け座席を用意した。

 富士急ハイランドは「過去の悪行を反省し更生する場所として使うもよし。友達と罰ゲームとして使うもよし。お仕置きされたいあなたをお待ちしています」としている。

 シャイニング・フラワーのゴンドラは32基。他にも6面全てを透明なポリカーボネートで作ったゴンドラが4基あり、今回の牢屋型を含め6基が特別仕様になった。

高さ50mのシャイニング・フラワー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.