ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年06月29日 11時43分 公開

シャープ、mini LEDの次世代テレビを試作 コントラスト比は100万:1以上

シャープは6月29日、バックライトにmini LEDを採用した次世代テレビの試作機を公開した。

[ITmedia]

 シャープは6月29日、バックライトにmini LEDを採用した次世代テレビの試作機を公開した。高密度に敷き詰めた小型LEDを制御し、輝度やコントラストといった表示性能を飛躍的に向上させたという。

mini LEDを採用した次世代テレビの試作機。65V型

 バックライトの青色LEDモジュールは従来(2020年発売の4K液晶テレビ『4T-C65CH1』)と比べて約10分の1サイズ。65V型の試作機では8000個以上のLEDを敷き詰め、1000以上のエリアに分割して駆動する。

 映像に応じて各エリアのLEDをオン/オフすることで、2000nit(ニト)という高いピーク輝度と100万:1以上の高コントラスト、電力効率の向上などを実現した。

 量子ドット技術も導入。青色LEDのバックライト光を波長変換し、従来機の約1.2倍という広い色域を作り出す。

 シャープは「早期の実用化を目指す」としている。

液晶パネルの構造
従来型ディスプレイ(写真=右)との画質比較。従来型はバックライトのエリア制御なし

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.