ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年06月30日 11時00分 公開

「USBってスマホの充電に使うやつだよね」の誤解を解く 仕様がこれほどこんがらがったワケ新連載「謎の規格USB」(1/2 ページ)

普段からすごく使っているけど、「え、そんなTipsがあるの?」と驚くことの多い規格「USB」。この連載ではそんな知識を少しずつお届けしよう。

[橋本新義,ITmedia]

 充電、転送からストレージまで、日常に欠かせないUSBの謎を解き明かしていく新連載、スタート。まずは著者の橋本新義さんからごあいさつを。


 昨今のPCやMacスマートフォンやタブレットに欠かせない存在となっているUSB端子。読者の皆さまも、例えば毎日のスマートフォンの充電や、PCやMacへの周辺機器の接続といった局面でお世話になっている……というより、普段は意識せずに使っているのではないだろうか。

photo USBロゴ

 しかし、実はこのUSBという端子とその仕様は、一皮むくとけっこう謎と不思議が積み重なる、最後のフロンティア……いや、トワイライトゾーン的な世界でもある。

 というのも、長い歴史(初期の仕様であるUSB 1.0の発行は1996年1月、つまりもう四半世紀なのだ)の中で、拡張に次ぐ拡張や当初から意図しなかった仕様変更、そして良い意味でも悪い意味でも「ユーザーのニーズに寄り添った」変更が積み重なった結果、非常に複雑な仕組みとなってしまっているためだ。

photo USB-IF公式サイト

 また、USBの仕様をとりまとめる団体である「USBインプリメンターズ・フォーラム」(USB Implementers Forum、通称USB-IF)は、複数の企業集団による非営利団体として運営している。

 そのため、いざ仕様を作るとなった際は、良くも悪くも1社だけの要求による改良などが通りにくい、という事情もあるのだ。

あまりにもダイナミックな拡張がUSBの持ち味?

 そう紹介してきたが、実はUSBの“奥深さ”を示すには、これだけでは足りないところがある。というのも、実際の仕様拡張が非常にダイナミックなのがUSBのすごさであり、複雑な点であり、また「ユーザーのニーズに寄り添った」結果であるからだ。

 この辺りの良い例が、最新の仕様拡張(米国時間で2021年5月26日に発表)された『USB PD リビジョン3.1』だ。この仕様拡張により、USB機器を通して供給できる電源容量は240Wにまで拡張された。

 それまでのUSB PDは最高100Wだったため、プラス140Wであり、一気に2.4倍になったのである。これだけでもすごいのだが、1.0仕様の時点では、供給できる電力は最大2.5Wでしかなかったということを考えると、「四半世紀で、規格上で扱える電力がなんと96倍になった」とも取れる。

 昨今PCで消費電力の話というと、高性能GPUやCPUにおいて(電力当たりの処理効率は高まりつつも)消費電力が増大している点を連想する読者もおられるだろうが、それでも96倍などという倍率にはならない(例えば1994年や95年のCPUは、その時点で最大10Wほどの消費電力だった)。

 もちろん本来は、同じ電力とはいえ直接比較するものではないため、この表現はレトリックがバリバリに使われているのだが、USBの拡張がいかにとんでもないか……という一端を表現するのには適切ではないか、と思われる数値なのである。

photo
photo USB Type-A端子(上)とType-C端子(下)

 そして端子の形状も、今はまだまだ移行期にあり、Standard-A(いわゆるType-Aを正式にはこう呼ぶ)とUSB Type-C、そしてマイクロUSB(Micro-USB)ことUSB 2.0 Micro-B端子などが混在している。

 将来的には無事に(?)Type-Cへの移行となりそうだが、そもそも同じ仕様でありながら、ここまで大きく違う端子が導入されるという仕様自体、けっこうレアな事例でもある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.