ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年07月01日 13時28分 公開

スワイプ1つで老眼鏡に変わるサングラス、イスラエルの新興企業が開発

サングラスのつるを指でスワイプすると老眼鏡に早変わり──液晶を使って焦点距離を変えるサングラスをイスラエルの新興企業が開発した。

[ITmedia]

 サングラスのつるを指でスワイプすると老眼鏡に早変わり──イスラエルの新興企業、Deep Opticsがクラウドファンディングサイト「Kickstarter」に出品した「32°N」サングラスが、プロジェクト公開から12時間で目標額を達成するなど注目を集めている。支援購入は229ドル(2万5300円程度)から。

「32°N」サングラス

 レンズに液晶の層(Pixelated Liquid Crystal)を設け、電圧をかけて液晶分子を回転させることで焦点距離を変える仕組み。動画ではぼやけていたレンズ越しの文字が、つるを指でなぞった後にクッキリする様子が確認できる。

 基板やバッテリーはつるの部分に内蔵。スマートフォンとBluetoothで接続し、専用アプリでレンズの焦点距離を調節する。設定はサングラス側に保存できるため、普段はつるのスワイプ操作だけで済む。

 Deep Opticsは「人は毎日平均86回、スマートフォンをチェックしている。焦点距離を動的に変更できるレンズがあれば老眼鏡を探す手間や時間はなくなる」としている。

ぼやけていた文字が大きくなりクッキリと(公式動画より)
試作機を使ったデモ映像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.