ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年07月09日 09時12分 公開

Facebook幹部のシモ氏をInstacartがCEOとして引き抜き

Facebookのベテラン幹部でアプリ責任者を務めるフィジー・シモ氏が退社する。食品配達サービスのInstacartがCEOに迎え、共同創業者の現CEOは取締役会長に退く。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 食料品の即日配達サービスを手掛ける米Instacartは7月8日(現地時間)、共同創業者のアプアバ・メフタCEO(34)が取締役会長に退き、米Facebookのベテラン幹部、フィジー・シモ氏(35)を新CEOに迎えると発表した。シモ氏は8月2日に就任する。

 simo フィジー・シモ氏(左)とアプアバ・メフタ氏

 シモ氏は米eBayから2011年にFacebook入りし、広告や製品担当幹部を歴任。2019年にマーク・ザッカーバーグCEOの片腕とみなされていたクリス・コックスCPOの退社(同氏は後に復帰する)で、Facebookアプリの責任者に就任した。同氏は今年の1月、Instacartの外部取締役に就任した。

 シモ氏は自身のFacebook投稿で、ザッカーバーグ氏、シェリル・サンドバーグCOO、コックス氏、WhatsAppの責任者、ウィル・キャスカート氏に謝意を表した。InstacartのCEOへの転身の理由として、フランスからの移民で、代々漁師の家系に育ち、「世界を食料で養うことは最も高貴で先祖代々の使命の1つだと信じている」からだと語った。

 Instacartは2012年創業のカリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置く非公開企業。食品小売業者と消費者をアプリで結び、配達だけに特化したサービスを全米で展開している。アプアバ氏が立ち上げ以来のCEOだ。

 insta

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.