ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年07月15日 12時15分 公開

東京メトロ、号車ごとの混雑状況をリアルタイム配信 ホームで撮影した画像をAI解析

東京メトロが、銀座線、丸ノ内線全駅間の「号車ごとのリアルタイム混雑状況」の配信を、自社アプリで始めた。

[ITmedia]

 東京メトロは7月14日、スマートフォンアプリ「東京メトロmy!アプリ」で、銀座線、丸ノ内線全駅間の「号車ごとのリアルタイム混雑状況」の配信を始めた。

photo
photo

 駅に設置した「デプスカメラ」(深度センサー内蔵カメラ)とAIを組み合わせ、列車混雑予測システムを開発。デプスカメラでとらえた車内の混雑状況をクラウド上のAIで分析し、駅を発車してから数秒で、列車内の混雑状況を号車ごとに算出する。

 アプリでは、列車走行位置画面で列車アイコンをタップすると、デプスカメラ設置駅で実測した混雑状況と、その値を用いて予測したその後の混雑予測情報を号車ごとに確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.