ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年05月31日 18時21分 公開

混雑したバスが一目で分かるアイコン、西武バスのWebサイトに BLEスキャンの活用で

西武バスは、Webサイトなどでバスの混雑度が一目で分かるアイコン表示を導入する。ナビタイムが協力する。

[片岡義明,ITmedia]

 西武バスとナビタイムジャパンは、バスの混雑度が一目で分かるアイコン表示を6月8日から西武バスのWebサイトなどで提供する。利用者は「どこにいるバスがどのくらい混雑しているか」を一目で確認できる。

混雑度を赤、黄、青の3段階でアイコン表示
PCやスマートフォンで確認できる

 Bluetooth Low Energy(BLE)スキャン対応の計測用スマートフォンをバスに設置。乗客が持つスマートフォンなどが発信するBluetoothの信号を検知し、リアルタイムの混雑度を算出する。

 Webサイトでは、マップ上に車両の現在位置とともに「青」(空席あり)、「黄色」(立ち客あり)、「赤」(立ち客多い)の3段階で表示する。混雑度表示に対応する車両は、練馬営業所、上石神井営業所、滝山営業所、新座営業所が運行する路線バス約350台。

 ナビタイムは今年1月に栃木県の路線バス3台でBLEスキャンを活用した混雑度表示の実証実験を行っている。

この記事について

この記事は、地図と位置情報のニュースを中心とした情報サイト「GeoNews」から転載、加筆したものです。URLはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.