ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年07月17日 08時52分 公開

怪奇漫画「首吊り気球」無料公開 都内に現れた“巨大な顔”が「似ている」と話題に

16日に東京渋谷区の上空に出現して人々を驚かせた“巨大な顔”に「似ている」と話題になった伊藤潤二さんの怪奇漫画「首吊り気球」が期間限定で無料公開された。

[ITmedia]

 朝日新聞出版は7月16日、東京渋谷区の上空に出現して人々を驚かせた“巨大な顔”に「似ている」と話題の怪奇漫画「首吊り気球」を期間限定で無料公開した。

東京・渋谷区に浮かんだ巨大な顔

 朝日新聞出版の電子コミック試し読みサイト「ソノラマ+plus」(ソノラマプラス)が公開した。登録などは不要で誰でも読める。

 似ていると話題になったことを受け、編集部が伊藤潤二さんに無料公開を打診。「快諾していただけた」という。

 公開は18日まで。首吊り気球は自分の顔をした巨大な気球が襲ってくる「トラウマ級の名作」という。

 YouTubeの公式チャンネルでは声優が声をあてた「ムービーコミック」も公開中。「目から耳から、もっとトラウマ級の恐怖を味わいたい方はぜひこちらで…」としている。

「ソノラマ+plus」の伊藤潤二さん作品ページ

 渋谷区の上空に浮かんだ巨大な顔は、現代アートユニット「目 [me]」が企画した「《まさゆめ》」。浮上した顔の大きさはビル6〜7階分もあり、実在する人の顔がモデルになっているという。

 東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人 東京都歴史文化財団)が東京2020オリンピックに合わせほぼ予告なしで実施し、見た人を驚かせた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.