ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年07月20日 13時09分 公開

前IntelのCEO、ボブ・スワン氏、大手VC「a16z」のパートナーに

1月にIntelのCEOを退任したボブ・スワン氏が米VC大手Andreessen Horowitz(a16z)にパートナーとして加わった。CFO(最高財務責任者)の経験を生かし、新規投資先の決定や取締役会への参加などを行う。

[ITmedia]

 米ベンチャーキャピタル大手のAndreessen Horowitz(a16z)は7月19日(現地時間)、1月に米IntelのCEOを退任したボブ・スワン氏(61)をパートナーに迎えると発表した。

 スワン氏は「Growth Operating Partner」として加わり、新規投資先の決定や取締役会への参加、ポートフォリオ作成者への助言や専門知識の提供を行う。

 swan a16zには既にボブ・スワン氏のページがある

 スワン氏は、米GEや米eBayのCFO(最高財務責任者)を歴任し、2016年10月にCFOとしてIntelに迎えられた。2018年のブライアン・クルザニッチCEOの辞任でIntelの暫定CEOに就任し、2019年1月から正式にCEOを務めた。社内での人望は高かったが、プロセッサ戦略が難航する中、今年1月に退任した。後任は米VMwareのパット・ゲルシンガーCEOだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.