ITmedia NEWS > STUDIO >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年08月02日 14時27分 公開

著名人の3DCGモデルを作成→キャスティングするサービス サイバーエージェントが芸能事務所向けに開始

サイバーエージェントが、著名人の3DCGモデルを作成し、本人の代わりとしてバーチャル空間上のイベントなどにキャスティングするサービスを始めた。著名人や芸能事務所の利用を見込み、2023年までに3DCGモデル500体の制作を目指す。

[ITmedia]

 サイバーエージェントは8月2日、著名人の3DCGモデルを作成し、本人の代わりとしてバーチャル空間上のイベントや広告にキャスティングするサービス「デジタルツインレーベル」を始めた。著名人や芸能事務所の利用を見込み、2023年までに3DCGモデル500体の制作を目指す。

photo サイバーエージェントが始める新サービス「デジタルツインレーベル」

 デジタルツインレーベルでは、著名人の全身の3DCGデータ、身体的な特徴を捉えるモーションデータ、音声データを事前に取得。CG制作を手掛ける子会社、CyberHuman Productions(東京都渋谷区)や、社内のAI研究組織「AI Lab」の技術を活用して3DCGモデル化する他、本人の声を模した合成音声も作成する。

photo 第1弾には女優の冨永愛さんのデジタルツインを制作

 制作したモデルは、合成音声に合わせて口を動かす「リップシンク」が可能。ダンスや楽器を演奏するといった表現にも対応しているという。第1弾として、女優の富永愛さんの3DCGモデルを作成。その工程を収めた動画も公開した。

 モデルは同社が定めるガイドラインに沿って制作、管理することで悪用を防ぐとしている。今後はディープフェイクを検知する研究を進め、著名人の著作権や肖像権を保護しやすい体制を整えるという。

 現実空間の環境を仮想空間で再現する取り組みは、デジタルの双子という意味から「デジタルツイン」と呼ばれ、サービス開発や社会問題の解決などに役立つと期待されている。

photo 完成した冨永愛さんのデジタルツイン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.