ITmedia NEWS > 社会とIT >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年08月02日 18時59分 公開

AIが客の表情を分析、おすすめメニューを提案 サブウェイで実証実験

AIが客の表情を推定し、おすすめメニューを提案する実験をOKIがサブウェイ渋谷桜丘店でスタート。客の迷いを軽減する機能の有効性や、スタッフの接客業務をどれだけ効率化できるかを検証する。

[ITmedia]

 AIが客の表情などを推定し、おすすめメニューを提案する実証実験を、OKIがサブウェイ渋谷桜丘店(東京都渋谷区)で8月2日に始めた。客の注文時の迷いを軽減する機能の有効性や、スタッフの接客業務をどれだけスムーズにできるかを検証する。

 セルフ注文端末のカメラを通じて、客の表情データと視線データを取得。OKIの「感情AI技術」が興味関心を推定し、おすすめメニューを提案する。客がメニューを選ぶ際に迷わないようサポートするほか、注文時間を短くすることでスタッフの業務効率化も目指す。

photo 実証実験で使用する注文端末のイメージ図

 OKIの感情AI技術は、ディープラーニングを用いて人の表情や振る舞いから潜在的な感情を推定するという技術。実験は6日までで、参加者は当日に先着順で募集する。

photo 実証実験を行うサブウェイ渋谷桜丘店(出典:同社のプレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.