ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年08月03日 20時10分 公開

アニメ「ひぐらしのなく頃に卒」の放送前情報が漏えい 製作委員会は法的措置も視野

テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に卒」の放送前情報が漏えいしたとして、同アニメの製作委員会は「法的措置含めて対応する」と声明を発表した。

[松浦立樹,ITmedia]

 テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に卒」の放送前情報が漏えいしたとして、同アニメの製作委員会は8月3日、「この情報漏えいに一切携わっていない」とした上で「このような事象に対しては法的措置含めて対応する」と声明を発表した。

ひぐらしのなく頃に製作委員会が発表したコメント(公式Webページから引用)

 7月に放送を始めた同作品の放送前情報が、7月末ごろからSNSなどで漏えいしていたという。Twitterでも「海外掲示板で50枚以上のリーク画像がアップされている」などの指摘があった。

 著作権侵害に当たる投稿などに対しては、アカウントの凍結依頼を含めSNS関連会社と連携して対応するという。

 「ひぐらしのなく頃に」は同人サークル「07th Expansion」が2002年に作成したPCゲームを原作とするメディアミックス作品。「ひぐらしのなく頃に卒」は、2020年9月から21年3月に放送した「ひぐらしのなく頃に業」の続編で、同シリーズの完全新作アニメ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.