ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年08月05日 20時41分 公開

「シン・テレワークシステム」にWebブラウザ版登場 MacやChromebookでも利用可能に

NTT東日本と情報処理推進機構(IPA)が、シンクライアント型VPN「シン・テレワークシステム」のHTML5版を開発した。今後はMac OSやChromebookなどOSを問わずに、ブラウザ上で同システムを利用できるようになる。

[ITmedia]

 NTT東日本と情報処理推進機構(IPA)は8月5日、シンクライアント型VPN「シン・テレワークシステム」のHTML5版を開発したと発表した。これまではWindows向けアプリのみを提供していたが、HTML5版はWebブラウザから利用できるため、Mac OSやChromebookなどからも同システムにアクセスできるようになる。

photo NTT東のプレスリリース

 シン・テレワークシステムは、契約やユーザー登録不要で利用できるシンクライアント型VPN。自宅のPCからオフィスや大学などにあるPCを遠隔操作できる。コロナ禍に伴うテレワーク需要の拡大を受け、NTT東とIPAが、筑波大学やKADOKAWA Connected、ソフトイーサなどと連携して開発。2020年4月にWindows向けに無償提供を始めていた

 NTT東はHTML5版の開発理由について「自宅のMacやChromebookなどから利用したいという要望が多数あった」としている。

photo
photo Mac OSやChromebookでも利用できる

 無償での提供期間を22年3月末まで延長したことも併せて発表。同システムは当初、20年10月末で無償提供を終了する予定だったが、継続の声が多かったことから21年10月まで期間を延長していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.