ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2021年08月13日 15時38分 公開

「コロナ対策」偽り顔写真を要求 厚労省かたるフィッシングに注意

フィッシング対策協議会が、厚生労働省をかたるフィッシングメールを確認したとして注意を呼び掛けた。新型コロナウイルスの防疫に情報が必要などと偽ってフィッシングサイトに誘導し、個人情報や顔写真を盗み取るという。

[ITmedia]

 フィッシング対策協議会は8月13日、厚生労働省をかたるフィッシングメールを確認したとして注意を呼び掛けた。新型コロナウイルスの防疫に情報が必要などと偽ってフィッシングサイトに誘導し、個人情報や顔写真を盗み取るという。

photo 偽メールのイメージ

 メールの件名は「【重要】新しいコロナウイルスの発生の予防と管理」など。本文では「より良い防疫作業と緊急救援の調整のために、私達に協力して現在の状態をお登録ください」(原文ママ)などと記載。文中のリンクから、フィッシングサイトに誘導する。

photo 偽サイトのイメージ

 誘導先では、氏名、電話番号、身分証明書の写真、顔写真に加え、体温やワクチン接種の有無を送信するよう求めてくるという。URLは「https://nlhw.qo.ip.●●●●.shop/」など。

 フィッシングサイトは13日午前11時時点で稼働中。フィッシング対策協議会に加え、内閣官房内閣サイバーセキュリティセンターも同様のメールを確認したとしており「政府機関が運営するWebサイトのURLは末尾が『.go.jp』。本文に関係なく、URLが正しいものかどうかの確認を怠らないでください」と注意喚起している。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.