ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年08月13日 19時46分 公開

ビックカメラ、希望者全員への職域接種を完了 社員や取引先など約1万7500人

ビックカメラが、グループ社員を対象とした、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を終えたと発表した。社員に加えてその家族など約1万7500人に接種したという。

[吉川大貴,ITmedia]
photo ビックカメラが行った職域接種のイメージ

 ビックカメラは8月13日、コジマなどグループ社員を対象とした、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を終えたと発表した。社員に加えてその家族、取引先企業の希望者など約1万7500人に接種したという。

 ビックカメラは関東では6月から8月、関西では6月から7月にかけて、米Moderna製ワクチンで職域接種を行っていた。店頭での感染対策などは今後も従来通り行うとしている。


【編集履歴:2021年8月13日午後8時14分 当初、タイトルを「ビックカメラ、グループ全社員へのワクチン接種を完了 取引先など含め約1万7500人に」としていましたが、「ビックカメラ、希望者全員へのワクチン職域接種を完了 社員や取引先など約1万7500人」に変更しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.