ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2021年08月23日 18時22分 公開

建設コンサル大手にランサムウェア攻撃 千葉県市川市の委託事業の資料など流出か

オリエンタルコンサルタンツのグループ会社を含めた社内サーバがランサムウェアによる攻撃を受けたと発表した。サーバ内に保管していた業務関連データが暗号化された上、外部に流出した可能性があるという。

[ITmedia]

 建設コンサルティング大手のオリエンタルコンサルタンツ(東京都渋谷区)は8月20日、グループ会社を含めた社内サーバがランサムウェアによる攻撃を受けたと発表した。サーバ内に保管していた業務関連データが暗号化された上、外部に流出した可能性があるという。同社は千葉県市川市から一部の事業を受託しており、市川市は関連するデータの流出の有無について確認を求めている。

photo オリエンタルコンサルタンツのプレスリリース

 同社が攻撃を受けたのは8月15日と19日の2回。被害の拡大防止のため、外部の専門家の助言に基づき、サーバをシャットダウン。外部からのアクセスを遮断した。現在、同社はデータの復元に努めるとともに、安全を確保した上で、業務を再開しているとしている。

 同社は流出の可能性があるデータの内容について言及を避けたものの、市川市は同日付で、公園の設計業務や観光振興ビジョンの策定など一部の業務を同社に委託していると発表。測量データや関係資料、ワークショップ参加者一覧などのデータが関係しているという。同市は「情報の流出の有無の確認と原因究明、適切な対応策の検討を求めている」としている。

photo 市川市のプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.