ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年09月08日 11時26分 公開

Amazon、三菱商事から太陽光発電エネルギー購入 一般家庭5600世帯分 2030年までに100%再エネ化目指す

米Amazonが三菱商事から再生エネルギーを長期的に購入する契約を締結。国内450カ所以上の太陽光発電施設を集約し、一般家庭5600世帯分以上の電力に相当する年間23000メガワット時を生成する。

[山川晶之,ITmedia]

 米Amazonは9月8日、三菱商事と日本の太陽光発電を使った電力購入契約(PPA)を締結したと発表した。22年から23年にかけて順次稼働予定で、企業などの法人が発電事業者から自然エネルギーの電力を長期にわたって購入する「コーポレートPPA」としては日本初。

 首都圏と東北地方に設置している450カ所以上の太陽光発電施設から買い取る。設備全体で年間23000メガワット時(MWh)を生成可能。日本の一般家庭5600世帯分以上の電力に相当するという。

 三菱商事の電力小売り事業子会社「MCリテールエナジー」の集約型太陽光発電プロジェクトとして運用。太陽光発電施設の建設は、ウエストホールディングスが担当する。Amazonと三菱商事のコーポレートPPAは今回が2件目で、三菱商事傘下のEnecoによる、オランダでの洋上風力発電事業に次ぐ契約となる。

 Amazonでは、2030年までに全世界の事業を100%再生エネルギーで賄うと表明。すでに、風力と太陽光を使った230以上の発電プロジェクトを進めており、合計の容量は10ギガワット(GW)を超えているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.