ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年09月09日 13時35分 公開

ホンダ、GMらと自動運転の技術実証 自動運転車を使ったモビリティサービスの日本展開に向け

ホンダが自動運転に関する技術実証を9月中に開始する。将来的には、ホンダ、GM、GMクルーズの3社が共同開発する専用車を使い、自動運転モビリティサービスの日本展開を目指す。

[山川晶之,ITmedia]

 本田技研工業(ホンダ)は9月8日、自動運転に関する技術実証を、栃木県宇都宮市・芳賀町で9月中に始めると発表した。日本での自動運転モビリティサービスの展開を目指す。

地図作成に使う車両

 自動運転車両が安全に走行できるよう、地図作成車両を使った高精度地図を作成。自動運転車両「クルーズAV」での公道走行を通じて、日本の交通環境や関連法令に合わせた自動運転技術を開発・検証する。

 自動運転モビリティサービスは、ホンダとゼネラルモーターズ(GM)、GMクルーズホールディングスの3社が共同で計画。実証は、栃木県のホンダ施設内に新設した拠点にて、ホンダとGMクルーズが共同で実施する。

 将来的には、3社が共同開発する専用車両「クルーズ・オリジン」を使い、ホンダ傘下のホンダモビリティソリューションズを運営主体とした自動運転モビリティサービスの日本展開を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.