ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年09月16日 07時26分 公開

謎に包まれたApple Watch Series 7の仕様が判明 チップは先代と実質同じか

AppleはApple Watch Series 7の搭載チップを明かしていないが、内部資料からその性能を読み取ることができたようだ。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 9to5 Macが、Appleの内部資料から、Apple Watch Series 7の仕様が判明したと伝えている。今秋発売されるApple Watch Series 7は、搭載チップなどの詳細スペックが公式には明かされないままだ。

photo Apple Watch Series 7
photo Apple Watch Then and Now

 Apple Sales資料から、Apple Watch Series 7のチップは「S7チップ」で、Apple Watch SEよりも最大20%高速と記されている。

 また、Apple Watch Series 6のチップは「S6チップ」で、Apple Watch Series 5よりも最大20%高速と記されている。

 Apple Watch SEとApple Watch Series 5はどちらも「S5チップ」搭載なので、この資料から、Apple Watch Series 6とApple Watch Series 7は、チップのブランディングは異なるものの、性能は同じだと考えられる。

 アルミニウムの場合はIon-Xガラス、ステンレスの場合はサファイヤガラス、ストレージサイズは32GBで、Apple Watch Series 6と同じだと分かる。

 測位衛星として中国の「Beidou」が新たに追加され、Apple Watch Series 7の高速充電に対応した「Apple Watch磁気高速充電 - USB-Cケーブル」が同梱されていることも判明している。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.