ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年09月17日 17時02分 公開

「Visaのタッチ決済」で市営バスに乗車する実証実験 横浜市交通局の新設ルートで

ビザ・ワールドワイド・ジャパンなど4社は、横浜市交通局、横浜銀行との共同実験として、「Visaのタッチ決済」で市営バスに乗車する実証実験を始める。2021年冬には「あかいくつ」などの観光路線にも広げる予定。

[山川晶之,ITmedia]

 ビザ・ワールドワイド・ジャパン、三井住友カード、QUADRAC、小田原機器は9月17日、横浜市交通局、横浜銀行との共同実験として、非接触決済「Visaのタッチ決済」を使ってバスに乗車できる実証実験を始める。横浜市市営バスの一部路線にて、10月1日から2022年9月30日まで実施する。

バスに設置される決済端末
実験概要

 10月1日に新設される「109系統」の首都高速道路を経由する特急便で実施。SuicaやPASMOなどの交通系ICカードに加え、市営バス定期券、1日乗車券が利用できるが、新たにVisaのタッチ決済が加わる。

実証実験に使う特別便

 車内にタッチ決済用の機器を設置。クレジット、プリペイド、デビットなどの対応カードをかざすと運賃が支払える。運賃は大人220円、子ども110円。現金での支払いには対応しない。

 21年の冬をめどに、横浜市交通局の観光バス「あかいくつ」などでも、Visaのタッチ決済を導入予定。実施時期や対象路線については、新型コロナの収束状況や観光需要の動向を見ながら改めて告知するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.