ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年09月28日 06時26分 公開

Facebook、13歳未満向けInstagram計画を一時停止 “WSJ砲”受け

Facebookは13歳未満向けのInstagramを計画していたが、一時停止すると発表した。Instagramの若者への影響についての内部研究に基づくWall Street Journalの記事で批判が高まったことを受けての決定だ。同社はこの記事を認めてはいない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米FacebookでInstagramのトップを務めるアダム・モッセーリ氏は9月27日(現地時間)、13歳未満向けサービス「Instagram Kids」のプロジェクトを一時停止すると発表した。米Wall Street Journal(以下WSJ)による一連の報道でInstagramの若者への悪影響について批判が高まっていることを受けての決断だ。

 WSJの記事をきっかけに、米連邦議会上院の消費者保護、製品の安全性、およびデータセキュリティに関する小委員会はFacebookの安全担当グローバルヘッドのアンティゴネ・デイビス氏を9月30日の公聴会「オンラインで子供を保護する:Facebook、Instagram、メンタルヘルスの害」に召喚した。

 mosseri 1 Twitterでも計画断念を語るアダム・モッセーリ氏

 Instagramは現在、13歳未満での利用は禁止しており、アカウント作成に際しては実年齢での登録が義務付けている。モッセーリ氏によると、それでも子どもたちは年齢を偽ってInstagramやその他のアプリを使っているという。

 そこで、子どもたち(トゥイーンと呼ばれる10〜12歳)向けに、参加するには保護者の許可が必要で、広告が表示されず、保護者がアプリ利用を管理できるInstagram Kidsを提供しようと取り組んできたのだと説明した。

 だが、WSJによるInstagramに関する未公開の内部研究についての一連の記事で懸念が高まった。「われわれはWSJの報告に同意しない」が、プロジェクトを一旦停止し、「保護者、専門家、政府、規制当局と協力し、この計画の価値と重要性について説明していく」としている。

 「私には3人の子どもがおり、彼らの安全は私の人生で最も重要なことだ。(公式には発表されていなかった)このプロジェクトに関する懸念を聞き、問題を解決できるよう説明することにした」(モッセーリ氏)

 mosseri 2 (アダム・モッセーリ氏のInstagramより)

 FacebookはWSJの記事に反論する公式ブログも別途公開しているが、問題になっている研究資料は公開していない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.