ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年09月28日 13時18分 公開

百貨店に“買えない”売り場 商品を手に取って見る→購入はスマホで

「大丸東京店」に、EC専門ブランドが商品を展示するショールームがオープン。商品が気に入れば、店頭のQRコードから通販サイトで購入する。

[岡田有花,ITmedia]

 JR東京駅そばにある百貨店「大丸東京店」に、EC専門ブランドが商品を展示するショールーム「明日見世」(asumise)が、10月6日にオープンする。

 ECサイトから直販する「D2C」(Direct to Consumer)商品を手に取って見られる店。その場では購入できず、店頭に掲示されたQRコードをスマートフォンで読み込み、ブランドの直販サイトから購入する形だ。

photo
photo

 出店するのは、スキンケア商品の「citrea」「KOGANE BY SACRAN」、リラックスウェアの「neemee」など、10〜20代に人気の19ブランド。大丸東京4階イベントスペースで、約100m2の売り場を設ける。

 商品を手に取って見られる他、「アンバサダー」と呼ばれるスタッフに説明を求めたり、ブランドストーリーを聞くことも可能。アンバサダーは、百貨店で接客経験を積んだスタッフが担当する。

 店舗を運営する大丸松坂屋百貨店は、「既存顧客への新たな価値提供と、新規顧客の獲得につながるコンテンツとしての可能性」に期待しつつ、「出品ブランドの認知度を高めるサポートや、マーケティングに活かせる情報をつなぐ役割を務める」としている。

 今回の取り組みを検証していき、多店舗展開やアライアンスのあり方を模索していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.