ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2021年09月30日 10時48分 公開

「疫病退散」“奈良の大仏”生配信、きょう終了 「残念」「またね」コメント続々

奈良の大仏の“リモート参拝”が、9月30日午後8時に終了する。ドワンゴの「ニコニコ生放送」で7月から配信されてきたが、全国で緊急事態宣言が解除されるため終了を決めた。

[岡田有花,ITmedia]

 奈良・東大寺の国宝・盧遮那仏像(奈良の大仏)の“リモート参拝”が、9月30日午後8時の鐘を最後に終了する。ドワンゴの「ニコニコ生放送」で7月から24時間ライブ配信されてきたが、全国で緊急事態宣言が解除されるため終了を決めた。

 毎日多くのユーザーが視聴・コメントしており、最終日のきょうは「残念」などと終了を惜しむ声や、「またねー」といったコメントが多数投稿されている。

photo

 奈良の大仏は、災害や政変、疫病などを仏の力で解消しようと、聖武天皇が天平勝宝4年(752年)に建立した世界最大の金銅仏。

 ニコニコ生放送では、東大寺の盧舎那仏の映像と、疫病退散を祈願して行う法要の様子を7月12日から生中継しており、毎日、多数の“リモート参拝者”が閲覧やコメントしに訪れていた。

 ニコ生では昨年にも、奈良の大仏のライブ配信を行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.