ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年10月05日 08時28分 公開

「Windows 11」正式リリース 「Windows 10」からのアップデートは段階的に

Microsoftは10月5日、「Window 11」を正式リリースした。同日から新OS搭載のPCを購入できる。アップデートが可能になった「Windows 10」端末では、設定の「更新プログラムのチェック」でアップデートオプションが表示される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月5日(日本時間)、「Windows 11」の正式版をリリースしたと発表した。同日から新OS搭載のPCを購入できる。既存のシステム要件を満たす「Windows 10」搭載PCのアップデートのタイミングはシステムによる。

 windows

 手持ちのPCがWindows 11にアップデートできるかどうかは「PC正常性チェックアプリ」で確認できる。

 確認できたら、[設定]→[更新とセキュリティ]→[Windows Update]の「更新プログラムのチェック」を選択する。PCが適格で、アップデートの準備ができている場合は、ダウンロードとインストールのオプションが表示される。

 win 2 インストール可能な場合に表示されるオプション

 ここで「ダウンロードしてインストール」を選択すればインストールが始まる。

 PC正常性チェックアプリでアップデートが可能という診断でも、すぐにはオプションが表示されない場合もある。これは、インストール済みのアプリの非互換性など、何かしらの問題があるとMicrosoftが判断するため。その問題が解決するまでアップデートは提供されない。Windows 10へのアップデートでも同様の対策がとられ、アップデートによる不具合が減少していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.