ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月26日 06時04分 公開

Appleのフィットネスサブスク「Fitness+」、字幕対応でサービス国を拡大 日本は含まれず

英語圏以外の国でも字幕で利用できるようになった。日本は対象外。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleは10月26日、「Fitness+」のサービス地域拡大を発表した。

 2021年11月3日から英語に加えて6カ国語の字幕付きで提供し、現在のオーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、英国、米国に加え、オーストリア、ブラジル、コロンビア、フランス、ドイツ、インドネシア、イタリア、マレーシア、メキシコ、ポルトガル、ロシア、サウジアラビア、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦が加わり、新たに15カ国でFitness+を利用可能になる。

photo Fitness+
photo 字幕で対象国を拡大

 SharePlayを使用して他の場所の人々と一緒に運動したり瞑想したりすることも可能になっている。

 さらに、2021年11月1日以降、完全保険付きUnitedHealthcareメンバー(米国で約300万人)がApple Fitness +に1年間のサブスクリプションを追加費用なしで登録できる。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.