ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月28日 12時30分 公開

オートバックスがEV市場に参入 車両の販売、メンテナンスサービスの提供を検討

オートバックスセブンがEV市場に参入したと発表した。EV開発を手掛けるHW ELECTROに出資し、オートバックス店舗で商用EV「ELEMO」の販売とメンテナンスの提供を検討する。

[谷井将人,ITmedia]

 オートバックスセブンは10月28日、電気自動車(EV)市場に参入したと発表した。EV開発を手掛けるHW ELECTRO(東京都江東区)に出資。今後、オートバックス店舗で商用EV「ELEMO」の販売とメンテナンスの提供を検討する。

photo 左から、オートバックスセブンの小林喜夫巳社長、HW ELECTROの蕭偉城CEO

 オートバックスセブンは、日本政府が発表した「2050年カーボンニュートラル宣言」で示された脱炭素社会の実現に向け、EV市場に早期参入することで、EVの販売やメンテナンスのノウハウを取得し、市場での競争力向上を目指す。

 今後は、オートバックス店舗をELEMOの販売とメンテナンスの拠点として活用し、関連商品やサービスを販売する他、新規サービスの共同開発なども検討している。

 ELEMOはHW ELECTROが7月に販売を始めた多目的小型商用EV車。狭い路地や農道の走行を想定した狭い車幅と荷台のカスタマイズが特長で、あらゆる業態に対応できるとしている。満充電で約200km走行できる。

photo

【編集履歴:2021年10月28日午後8時 掲載当初、タイトルと本文で「メンテナンスを提供する」としていましたが、事実に基づき「メンテナンスの提供を検討する」と改めました】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.