ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月28日 14時00分 公開

秋田-北海道間に新たな光海底ケーブル 楽天、NTTコム、KDDI、SBの4社共同で

NTTコミュニケーションズとKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが、秋田県と北海道を結ぶ光海底ケーブルを4社協同で建設する。総延長距離は約770km、通信容量は160Tbpsで、完成は2023年末を予定。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズとKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは10月28日、秋田県と北海道を結ぶ光海底ケーブルを4社協同で建設すると発表した。総延長距離は約770km、通信容量は160T(テラ)bpsで、完成は2023年末を予定する。

photo 新光海底ケーブルの敷設ルート(イメージ)

 NTTコミュニケーションズとソフトバンクは本州と北海道を結ぶ通信ケーブルを2ルート持っており、今回の光海底ケーブルが3ルート目になる。KDDIは既存の3ルートのうち1ルートを光海底ケーブルに差し替える。

photo NTTコミュニケーションズの通信ルート

 5G通信の普及によるトラフィック増加への対応や、台風、地震などの災害発生時を想定した通信サービスの安定供給を目的として通信ルートの冗長化を図る。KDDIと楽天モバイルは、4社協同で建設することでコスト効率を向上できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.