ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月25日 16時00分 公開

ドコモ、NTTコム・コムウェアの子会社化を正式発表 方針統一で競争力強化

NTTドコモが、NTTコミュニケーションズとエヌ・ティ・ティ・コムウェアの子会社化を正式発表した。経営方針を統一し、法人向け事業や競争力、開発力の強化、DXの推進、事業領域の拡大などを進める。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTドコモは10月25日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とエヌ・ティ・ティ・コムウェア(NTTコムウェア)の子会社化を正式発表した。経営方針を統一し、法人向け事業や競争力、開発力の強化、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進、事業領域の拡大などを進める。

photo

 日本電信電話が保有するNTTコムウェアの株式の一部と、NTTグループの持ち株会社であるNTT株式会社が保有するNTT Comの株式全てをドコモに移管。NTTコムウェアの持ち株比率はドコモが66.6%、NTT Comの持ち株比率はドコモが100%になる。いずれも効力発効日は2022年1月1日の予定。

 NTTは20年12月に、NTT ComとNTTコムウェアをNTTドコモの子会社に移管する意向を表明。個人向け事業はドコモ主体となり、NTTコムのOCN(MVNO/ISP)はNTTレゾナントに移管。レゾナントはドコモの子会社になる。法人向け事業はNTTコムを主体にドコモとコムウェアの法人事業を一元化。新たに「docomo business」としてスタートする。コムウェアはソフトウェア開発力をベースにドコモグループのIT戦略を担当する。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.